戻る
夢の第11レース
[MDC スプリント][MDC クラシック][ダービー王][ダート王][MDC 札幌]

JRAの公式企画で「夢の第11レース」というものがありました。
中央競馬での競走馬寿命は2歳から6〜7歳くらいです。
(たまにもっと走る馬もいますが、一線で活躍できるのは6歳くらいまで)

強い馬同士が同じレースに出るというのは実はそれ程多くはありません。
ですので、誰しもがこんな対決があったらという「if」を想像しますよね。

そこで、「夢」を自分としての好きだった馬を中心に考えてみました。
一部はウマ娘にも出てますが、基本避けるようにはしてます。

意識して親子対決がいくつか入ってます。
実際見てみたい。

馬番は数頭を除いて勝鞍のレースに準じています。
騎手も基本全盛期の主戦です。
(多少苦しいところもあります)

牡牝や脚質は偏りをある程度意識して避けてはいますが、やっぱり短距離だと特に先行馬は多くなってしまいます。
(短距離で追込なバンブーメモリーが異質過ぎるのかもしれんけど)

年代も結構実際競馬場に行ってた頃が中心です。
生では札幌と中山と中京しか行ったことないですけど、実際にレース見たのと引退後会いに行ってるのは半数くらいはいます。
開催日ではないときに近くまで行ったことあるのは函館、東京、阪神、京都、あと大井か。
(道営は帯広以外は開催日に行ってる。逆にまだ門別は行ったことがない)

好きな馬にスプリンター・マイラー系が結構いるので、1400mと2400mの2本立てとしてます。
サクラバクシンオーはマイルだときついし…
Ω<いつか長距離も得意になるはずなので!!

地方の星、メイセイオペラは生涯ダート馬ですが、ワンチャンあるかなと。
ダイワメジャーとビリーヴは同じアンカツなので悩みましたが、皐月賞や天皇賞(秋)も勝っているメジャーにしました。

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番 東京
xxR
18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
                   
ヤマニンゼファー ラインクラフト タイキシャトル ダンスインザムード バンブーメモリー メイセイオペラ サクラバクシンオー フラワーパーク タイキブリザード ギャロップダイナ ヒシアケボノ アグネスデジタル エアジハード ノースフライト カレンブラックヒル ニホンピロウイナー ダイワメジャー ロードカナロア 馬名  
EX
 マイドリームカップ スプリント

1400m
鹿毛 鹿毛 栗毛 青鹿毛 栗毛 栗毛 鹿毛 鹿毛 黒鹿毛 鹿毛 黒鹿毛 栗毛 栗毛 鹿毛 黒鹿毛 黒鹿毛 栗毛 鹿毛 毛色
先行 先行 先行 先行 追込 逃げ 先行 先行 先行 差し 先行 差し 差し 差し 先行 先行 先行 先行 脚質
田中勝春 福永祐一 岡部幸雄 北村宏司 松永昌博 菅原勲 小島太 田原成貴 坂本勝美 柴崎勇 角田晃一 四位洋文 蛯名正義 武 豊 秋山真一郎 河内洋 安藤勝己 岩田康誠 騎手
ニホンピロウイナー
ヤマニンポリシー
エンドスウィープ
マストビーラヴド
Devil's Bag
ウェルシュマフィン
サンデーサイレンス
ダンシングキイ
モーニングフローリック
マドンナバンブー
グランドオペラ
テラミス
サクラユタカオー
サクラハゴロモ
ニホンピロウイナー
ノーザンフラワー
Seattle Slew
ツリーオブノレッジ
ノーザンテースト
アスコツトラップ
Woodman
Mysteries
Crafty Prospector
Chancey Squaw
サクラユタカオー
アイシーゴーグル
トニービン
シヤダイフライト
ダイワメジャー
チャールストンハーバー
スティールハート
ニホンピロエバート
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
キングカメハメハ
レディブラッサム
血統

Blushing Groom

サンデーサイレンス

Caerleon

Nijinsky

モバリッズ

タクラマカン

ノーザンテースト

ノーザンテースト

Sassafras

エルセンタウロ

Seattle Slew

Chief's Crown

ロイヤルスキー

ヒッティングアウェー

Grindstone

チャイナロック

ノーザンテースト

Storm Cat
母父
20

8
13

6
13

11
25

6
39

8
35

23
21

11
18

7
23

6
42

10
30

6
32

12
12

7
11

8
22

7
26

16
28

9
19

13
戦績
92/93
安田記念
05
桜花賞
98
ジャック・ル・マロア
仏GI
06
ヴィクトリアマイル
90
スプリンターズステークス
99
フェブラリーステークス
93/94
スプリンターズステークス
96
スプリンターズステークス
97
安田記念
86
安田記念
95
スプリンターズステークス
02
フェブラリーステークス
99
安田記念
94
マイルチャンピオンシップ
12
NHKマイルカップ
84/85
マイルチャンピオンシップ
06/07
マイルチャンピオンシップ
12/13
香港スプリント
香GI
 主な勝鞍
[戻る]

こちらはクラシックディスタンスで考えてみました。
ヤマニンゼファーはどちらも出走させてます。
距離適性的にどっちもイケるんで。
(ニホンピロウイナー産駒ってのもあって好きなんですよね)

ホクトベガは一番好きなので当然1枠1番です。
(エリザベス女王杯の枠順でもあるし)

ホワイトストーンはなんか好きなんでぶっこんでます。

ツインターボは言うまでもない(札幌で唯一走った時は見に行きました。結果?わかってるでしょ?)
その年は函館が改修中で函館記念を札幌で開催したのだが、それに出走してた。
年末は「ツインターボの先頭はここで終わり!」のアレでした。
あそこまで印象に残るようなお馬さんはもう出ないかもねぇ。

他も実際に見た、会ったことのあるお馬さんが多めかも。

まだまだ一杯見てみたいから、2000mや3200mも考えるべきかとか楽しみはありますね。

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番 東京
xxR
18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
                       
ドクタースパート オサイチジョージ タヤスツヨシ タップダンスシチー ステイゴールド ベガ ネーハイシーザー ツインターボ ホワイトストーン タマモクロス ヤマニンゼファー サクラローレル ジャングルポケット シルクジャスティス ニッポーテイオー サニーブライアン コスモバルク ホクトベガ 馬名  
EX
 マイドリームカップ クラシック

2400m
鹿毛 黒鹿毛 黒鹿毛 鹿毛 黒鹿毛 鹿毛 黒鹿毛 鹿毛 芦毛 芦毛 鹿毛 栃栗毛 鹿毛 栗毛 鹿毛 鹿毛 鹿毛 鹿毛 毛色
差し 先行 追込 逃げ 差し 先行 逃げ 逃げ 差し 差し 先行 差し 差し 追込 先行 逃げ 先行 先行 脚質
的場均 丸山勝秀 小島貞博 佐藤哲三 熊沢重文 武 豊 塩村克己 中舘英二 田面木博公 南井克巳 柴田善臣 横山典弘 角田晃一 藤田伸二 郷原洋行 大西直宏 五十嵐冬樹 加藤和宏 騎手
ホスピタリテイ
ドクターノーブル
ミルジョージ
サチノワカバ
サンデーサイレンス
マガロ
Pleasant Tap
All Dance
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
トニービン
アンティックヴァリュ
サクラトウコウ
ネーハイテスコ
ライラリッジ
レーシングジイーン
シービークロス
ワイングラス
シービークロス
グリーンシャトー
ニホンピロウイナー
ヤマニンポリシー
Rainbow Quest
ローラローラ
トニービン
ダンスチャーマー
ブライアンズタイム
ユーワメルド
リィフォー
チヨダマサコ
ブライアンズタイム
サニースイフト
ザグレブ
イセノトウショウ
ナグルスキー
タケノファルコン
血統

タケシバオー

ファバージ

Caro

Northern Dancer

ディクタス

Northern Dancer

テスコボーイ

サンシー

ナイスダンサー

シャトーゲイ

Blushing Groom

Saint Cyrien

Nureyev

サティンゴ

ラバージョン

スイフトスワロー

トウショウボーイ

フィリップオブスペイン
母父
11

3
23

8
13

4
42

12
50

7
9

4
23

8
33

6
32

4
18

9
20

8
22

9
13

5
27

5
21

8
10

4
48

10
42

16
戦績
89
皐月賞
90
宝塚記念
95
東京優駿
03
ジャパンカップ
01
香港ヴァーズ
香GI
93
優駿牝馬
94
天皇賞 秋
93
産經賞オールカマー
GIII
93
アメリカジョッキークラブカップ
GII
88
天皇賞 秋
93
天皇賞 秋
96
天皇賞 春
01
ジャパンカップ
97
有馬記念
87
天皇賞 秋
97
東京優駿
06
シンガポール・エアラインズ・インターナショナルカップ
星GI
93
エリザベス女王杯
 主な勝鞍
[戻る]

ついでにダービーキング決定戦。
深刻な武豊不足…というか、ディープは外せないのでスペはAJCCで騎乗したペリエに乗ってもらいます。
(ディープは武以外乗ってないが、スぺはAJCCのペリエとJCの岡部があるので)

そして、なぜか5番が多い。
(コントレイル、ディープ、オルフェ、スぺ、チヨノオーなどがそう)
つまり、有力馬が5番に入ったら買い?

三冠馬のうち、初代のセントライトは殿堂ってことで、外しました。
(クリフジ入れたかったんで!)

改めて思ったけど、ダービー馬がその後も活躍するケースというのは案外少ない。
ダービーに勝つというのは栄誉ですが、犠牲にしているものもそれだけ多いのかもしれません。

さらっと見てもやはり良血が多い。
SS、ディープは別格として、キンカメも自身も含めて頑張ってる。
ここ10年ではディープとキンカメ以外ではハーツクライ産駒のワンアンドオンリー(2014)しかおらん。
(ハーツクライもSS産駒なので、ここ10年では非SS血統はキンカメ系しかでてない)
そもそもスペ(1998)以降は非SS系を探すほうが少ない。

  • トニービン産駒ジャングルポケット(2001)
  • ブライアンズタイム産駒タニノギムレット(2002)
  • オペラハウス産駒メイショウサムソン(2006)
  • タニノギムレット産駒のウオッカ(2007)
  • キングズベスト産駒エイシンフラッシュ(2010)

    そういうのを考えても血統では短距離なはずのブルボンはやはりすごいと思う。
    (マグニテュード産駒のGI制覇は他には高松宮記念(1999)を制したマサラッキしかいない)

    マルゼンスキーは自らが出走できなかった分を思いっきり託してるというのがわかる。
    父ではチヨの1勝、母父でスペとチケゾーの2勝。
    (ライスとかメジロブライトも母父)

  • 8 7 6 5 4 3 2 1 枠番 東京
    xxR
    18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
                                 
    ジャングルポケット ナリタブライアン トウカイテイオー ミホノブルボン ドゥラメンテ レイデオロ キングカメハメハ ウイニングチケット シンボリルドルフ スペシャルウィーク ミスターシービー サクラチヨノオー オルフェーヴル ディープインパクト コントレイル ウオッカ クリフジ シンザン 馬名  
    EX
     東京優駿王 決定戦

    2400m
    鹿毛 黒鹿毛 鹿毛 鹿毛 鹿毛 鹿毛 鹿毛 黒鹿毛 鹿毛 黒鹿毛 黒鹿毛 鹿毛 栗毛 鹿毛 青鹿毛 鹿毛 栗毛 鹿毛 毛色
    追込 差し 先行 逃げ 差し 差し 差し 差し 差し 差し 追込 逃げ 追込 追込 先行 差し 先行 差し 脚質
    角田晃一 南井克巳 安田隆行 小島貞博 M.デムーロ ルメール 安藤勝己 柴田政人 岡部幸雄 ペリエ 吉永正人 小島太 池添謙一 武 豊 福永祐一 四位洋文 前田長吉 栗田勝 騎手
    トニービン
    ダンスチャーマー
    ブライアンズタイム
    パシフィカス
    シンボリルドルフ
    トウカイナチュラル
    マグニテュード
    カツミエコー
    キングカメハメハ
    アドマイヤグルーヴ
    キングカメハメハ
    ラドラーダ
    Kingmambo
    マンファス
    トニービン
    パワフルレディ
    パーソロン
    スイートルナ
    サンデーサイレンス
    キャンペンガール
    トウショウボーイ
    シービークイン
    マルゼンスキー
    サクラセダン
    ステイゴールド
    オリエンタルアート
    サンデーサイレンス
    ウインドインハーヘア
    ディープインパクト
    ロードクロサイト
    タニノギムレット
    タニノシスター
    トウルヌソル
    賢藤
    ヒンドスタン
    ハヤノボリ
    血統

    Nureyev

    Northern Dancer

    ナイスダンサー

    シャレー

    サンデーサイレンス

    シンボリクリスエス

    ラストタイクーン

    マルゼンスキー

    スピードシンボリ

    マルゼンスキー

    トピオ

    セダン

    メジロマックイーン

    Alzao

    Unbridled's Song

    ルション

    チヤペルブラムプトン

    ハヤタケ
    母父
    11

    3
    21

    12
    12

    9
    8

    7
    9

    5
    17

    7
    8

    7
    14

    6
    16

    13
    17

    10
    14

    8
    10

    5
    21

    12
    14

    12
    9

    7
    26

    10
    -

    -
    19

    15
    戦績
    01
    東京優駿
    94
    東京優駿
    91
    東京優駿
    92
    東京優駿
    15
    東京優駿
    17
    東京優駿
    04
    東京優駿
    93
    東京優駿
    84
    東京優駿
    98
    東京優駿
    83
    東京優駿
    88
    東京優駿
    11
    東京優駿
    06
    東京優駿
    20
    東京優駿
    07
    東京優駿
    43
    東京優駿
    64
    東京優駿
    主な勝鞍

    競馬のコースは芝とダートがあるが、世界的に見ればダートのほうが多い。
    ただ、中央競馬はヨーロッパ、特に英国競馬を模範として発展したので芝を重視している。

    本来の競馬はやはりダートだろう。
    そこでダートのドリームカップを考えてみる。
    残念ながらダートのグレードレースが中央でも充実してきたのは最近のことなので、ターゲットは芝に比べると少ない。

    そうするとやはり地方競馬にも注目してみたい。
    地方競馬所属のままで中央GIを制覇した「メイセイオペラ」はやはり外せない。
    中央移籍前は笠松でならしてきた平成、そして芦毛の怪物「オグリキャップ」も忘れてはならないだろう。

    SS系ダートのサイヤーを支えた「ゴールドアリュール」ももちろん注目。
    あとは条件関係なく勝利してきた「アグネスデジタル」など、中央でもダートに強いのはもちろんいる。
    ガチで中央vs地方が見られるのがダートの魅力なのかもしれない。

    8 7 6 5 4 3 2 1 枠番 東京
    xxR
    18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
                               
    ヴィクトワールピサ クロフネ ライブリマウント サクセスブロッケン アドマイヤドン スマートファルコン エスポワールシチー フリオーソ カネヒキリ メイセイオペラ オグリキャップ ヴァーミリアン ホッコータルマエ ゴールドアリュール コパノリッキー アグネスデジタル ウイングアロー ホクトベガ 馬名  
    EX
     ダート王 決定戦
    ダート
    2000m
    黒鹿毛 芦毛 栗毛 青鹿毛 鹿毛 栗毛 栗毛 栗毛 栗毛 栗毛 芦毛 黒鹿毛 鹿毛 栗毛 栗毛 栗毛 鹿毛 鹿毛 毛色
    先行 先行 差し 先行 差し 逃げ 差し 逃げ 先行 逃げ 差し 先行 先行 先行 逃げ 差し 追込 先行 脚質
    M.デムーロ 松永幹夫 石橋守 内田博幸 安藤勝己 岩田康誠 佐藤哲三 戸崎圭太 ルメール 菅原勲 南井克巳 武 豊 幸英明 上村洋行 田辺裕信 四位洋文 ペリエ 加藤和宏 騎手
    ネオユニヴァース
    ホワイトウォーターアフェア
    フレンチデピュティ
    ブルーアヴェニュー
    グリーンマウント
    シナノカチドキ
    シンボリクリスエス
    サクセスビューティ
    ティンバーカントリー
    ベガ
    ゴールドアリュール
    ケイシュウハーブ
    ゴールドアリュール
    エミネントシチー
    ブライアンズタイム
    ファーザ
    フジキセキ
    ライフアウトゼア
    グランドオペラ
    テラミス
    ダンシングキャップ
    ホワイトナルビー
    エルコンドルパサー
    スカーレットレディ
    キングカメハメハ
    マダムチェロキー
    サンデーサイレンス
    ニキーヤ
    ゴールドアリュール
    コパノニキータ
    Crafty Prospector
    Chancey Squaw
    アサティス
    サンヨウアロー
    ナグルスキー
    タケノファルコン
    血統

    Machiavellian

    Classic Go Go

    ファーザーズイメージ

    サンデーサイレンス

    トニービン

    ミシシッピアン

    ブライアンズタイム

    Mr. Prospector

    Deputy Minister

    タクラマカン

    シルバーシャーク

    サンデーサイレンス

    Cherokee Run

    Nureyev

    ティンバーカントリー

    Chief's Crown

    ミスターシービー

    フィリップオブスペイン
    母父
    15

    8
    10

    6
    31

    10
    19

    7
    25

    10
    34

    23
    40

    17
    39

    11
    23

    12
    35

    23
    32

    22
    34

    15
    39

    17
    16

    8
    33

    16
    32

    12
    30

    11
    42

    16
    戦績
    11
    ドバイワールドカップ
    UAE
    01
    ジャパンカップダート
    95
    帝王賞
    09
    フェブラリーステークス
    03
    JBCクラシック
    10
    JBCクラシック
    10
    フェブラリーステークス
    08/10
    帝王賞
    05/08
    ジャパンカップダート
    99
    フェブラリーステークス
    90
    有馬記念
    07
    ジャパンカップダート
    14
    チャンピオンズカップ
    03
    フェブラリーステークス
    15
    フェブラリーステークス
    01
    天皇賞 秋
    00
    ジャパンカップダート
    93
    エリザベス女王杯
    主な勝鞍
    [戻る]

    スーパーGIIともいわれる「札幌記念」。

    実際、過去の勝馬を見ても錚々たるメンバーが名を連ねている。
    「札幌の女帝」エアグルーヴや「世界初のGI白馬」ソダシなど、牝馬が活躍するレースとしても知られている。
    だったらここでもドリームカップしてやろうじゃない。

    産経大阪杯だってGIになったんだし、夏開催には行われていないGIをぜひ札幌に!

    8 7 6 5 4 3 2 1 枠番 札幌
    xxR
    18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
                               
    ダイワカーリアン サンエイサンキュー ヤマニンキングリー アドマイヤムーン テイエムオーシャン マーベラスサンデー フサイチパンドラ トウケイヘイロー メジロパーマー サクラプレジデント ブラストワンピース エアグルーヴ ファインモーション トーセンジョーダン ソダシ セイウンスカイ エアエミネム ホクトベガ 馬名  
    EX
     マイドリームカップ 札幌

    2000m
    鹿毛 芦毛 栗毛 鹿毛 鹿毛 栃栗毛 栗毛 鹿毛 鹿毛 鹿毛 鹿毛 鹿毛 鹿毛 鹿毛 白毛 芦毛 鹿毛 鹿毛 毛色
    逃げ 差し 先行 差し 先行 差し 先行 逃げ 逃げ 差し 差し 差し 先行 先行 先行 逃げ 先行 先行 脚質
    田面木博 田原成貴 柴山雄一 岩田康誠 本田優 武 豊 藤田伸二 四位洋文 山田泰誠 田中勝春 川田将雅 ペリエ 松永幹夫 福永祐一 吉田隼人 横山典弘 蛯名正義 加藤和宏 騎手
    Caerleon
    ジェドゥーザムール
    ダイナサンキュー
    グロリーサクラ
    アグネスデジタル
    ヤマニンアリーナ
    エンドスウィープ
    マイケイティーズ
    ダンシングブレーヴ
    リヴァーガール
    サンデーサイレンス
    モミジダンサー
    サンデーサイレンス
    ロッタレース
    ゴールドヘイロー
    ダンスクィーン
    メジロイーグル
    メジロファンタジー
    サンデーサイレンス
    セダンフォーエバー
    ハービンジャー
    ツルマルワンピース
    トニービン
    ダイナカール
    デインヒル
    Cocotte
    ジャングルポケット
    エヴリウィスパー
    クロフネ
    ブチコ
    シェリフズスター
    シスターミル
    デインヒル
    Kissagram
    ナグルスキー
    タケノファルコン
    血統

    Top Ville

    シーホーク

    サンデーサイレンス

    サンデーサイレンス

    リヴリア

    ヴァイスリーガル

    Nureyev

    ミルジョージ

    ゲイメセン

    マルゼンスキー

    キングカメハメハ

    ノーザンテースト

    Troy

    ノーザンテースト

    キングカメハメハ

    ミルジョージ

    Alysheba

    フィリップオブスペイン
    母父
    42

    10
    17

    5
    44

    7
    17

    10
    18

    7
    15

    10
    21

    4
    27

    8
    38

    9
    12

    4
    18

    7
    19

    9
    15

    8
    30

    9
    7

    6
    13

    7
    17

    8
    42

    16
    戦績
    00
    札幌記念
    92
    札幌記念
    09
    札幌記念
    06
    札幌記念
    02
    札幌記念
    96
    札幌記念
    07
    札幌記念
    13
    札幌記念
    91
    札幌記念
    03
    札幌記念
    19
    札幌記念
    97/98
    札幌記念
    04
    札幌記念
    11
    札幌記念
    21
    札幌記念
    99
    札幌記念
    01
    札幌記念
    94
    札幌記念
    主な勝鞍
    [戻る]



    [TOPに戻る]